口コミランキングニスタ > コラム > ブランド > 金貨の買取をするならおすすめはココだ!業者選びや高価買取のコツも紹介

金貨の買取をするならおすすめはココだ!業者選びや高価買取のコツも紹介

古くから世界中で流通していた貨幣「金貨」。

現在は貨幣として使用されることは少なくなりましたが、子どもたちに残す“資産”として高い人気を誇ります。その人気の理由としては「価格の変動が少ない」「日本だけでなく世界中で価値がある」「固定資産税支払わなくていい」などが挙げられます。

そんな金貨を買取に出す際は、業者選びや買取のコツを抑えることが重要です。

ここをおろそかにしてしまうと、価値のある金貨が相場より安い額で買い取られてしまう恐れも。

そこで今回は、金貨の基本情報から高価買取のコツ、おすすめの金貨買取業者の紹介まで、金貨の買取にまつわる情報を大公開します!

金貨の買取を検討中の方は、ぜひ参考にしてくださいね。

【はじめに】金貨とは

金貨の画像

金貨とは名前から分かる通り、「金」を素材として作られた貨幣のことです。

しかし、素材が「金」だけだと柔らかすぎて硬貨として使用できないため、基本的には「銀」や「銅」など他の金属を混ぜた合金が用いられています。

この金貨は古くから世界各地で流通しており、最古のものに至っては紀元前7世紀頃から使用されていたそうです。ただ、現在は1000円札や1万円札など紙の貨幣を使用することが多くなり、金貨自体を見かける回数が減りました。

そんな金貨は今、貨幣として使用するのではなく、“資産”としての価値を見出しています。

実は金貨はどれだけ保有していたとしても“固定資産税”を支払う必要がないため、子どもたちに残す資産として人気が高いのです。現金や土地、建物などを相続する場合は、必ず固定資産税がつきまといますので、資産を残したいという方は金貨を検討してみてはいかがでしょうか?

また、金貨の相場は変動がほとんどありませんし、世界中で価値のあるものですので、確実に子どもたちへ資産を残すことができますよ。

金貨の種類と相場について

金貨の画像

「金貨」と一言にいっても様々な種類があるのをご存知でしょうか?

世の中には、発行された国や大きさ、デザイン、色などが異なる金貨が存在しており、それぞれに違った価値が付けられています。

ここでは金貨の中でも代表的なものと、その相場をご紹介していきます。

 メイプルリーフ金貨

品位:K24

直径:30.0mm

相場:140,000円前後(1オンス)

こちらはカナダで発行されている金貨で、1979年より製造が開始されました。

表面にはエリザベス2世、裏面にはカナダを象徴するサトウカエデの葉が刻印されています。

パンダ金貨

品位:K24

直径:32.0mm

相場:140,000円前後(1オンス)

こちらは中国造幣公司が発行している金貨で、1982年から毎年発行されています。

金貨の表面には愛らしいパンダがデザインされており、裏面には北京天壇がそびえたちます。

ナポレオン金貨

品位:K21.6

直径:21.1mm

相場:130,000円前後(100フラン)

こちらは、19世紀初めから20世紀初めのフランスにて流通していた金貨です。

基本的には、表面にナポレオン3世が描かれている20フランのことを「ナポレオン金貨」と呼びますが、19世紀以降に造られた5・10・40・50・100フランを含む金貨の総称としても使われます。

ブリタニア金貨

品位:K22

直径:27mm

相場:130,000円前後(1オンス)

こちらはイギリスが発行している金貨で、1987年より毎年製造されています。

表面にはエリザベス女王がデザインされており、裏面にはブリタニア女神が刻印されています。

このブリタニア金貨は貨幣としての価値も持つ貴重なものです。

天皇陛下御即位記念

品位:K24

直径:33mm

相場:130,000円前後(10万円硬貨)

1990年4月10日に日本で発行された金貨です。

こちらはなんと200万枚もの発行数を誇ります。

金貨を高く売る3つのコツ

女性コイン画像

金貨を買取に出す際は、ただ出すだけではいけません。

3つのコツを抑えて1円でも高い額で買い取ってもらいましょう。

これから金貨を買取に出す方は、ぜひ参考にしてくださいね。

①金貨に注目が集まるタイミングで売る

実は金貨や小銭などには定期的なブームがあり、その際に売ると高値で買い取ってもらえます。

基本的には、金貨が発行されるであろうイベントの開催時に注目が集まると言われています。

過去に金貨ブームが到来したのは、1964年の東京オリンピック開催時や1986年に天皇陛下御在位60年を記念した金貨が発売された時などが挙げられます。

恐らく2020年に開催される東京オリンピック時にも金貨ブームが到来すると予想されますので、その時期を狙って金貨を売ってみてはいかがでしょうか。

②金貨を磨いたり、洗浄したりしない

金貨は綺麗な状態の方が高く売れるのでは?と思ってしまいますが、金貨や小銭の場合は「研磨」「洗浄」などの行為をしてしまうと価値が下がると言われています。

実はこれらの行動を行うと金貨の表面に傷がついてしまう恐れがあるため、何もしないそのまま状態が好ましいとされています。

どうしても汚れを落としたいという方は、重曹の中に金貨を入れて20分前後煮て、浮き出た汚れを柔らかな布で拭くという方法をお試しください。

間違っても洗浄液や薬剤などでゴシゴシと洗わないようにしてくださいね。

③付属品があるなら持参する

ケースや鑑定書などの付属品がある金貨は、価値が上がります。

特に金貨が箱に入っていた場合は、箱と一緒に買い取ってもらいましょう。

やはり付属品があるのとないのとでは、買取額が雲泥の差です。

【重要】業者選びは慎重に!

アテンション画像

現在日本には数多くの買取業者が存在していますが、どこで売っても同じ価格になるわけではありません。

そのため、業者の選び方によって査定額に大きな差が出てくるのです。

金貨を売るなら高く売りたいと思う方が大半だと思いますので、業者を選ぶ際は以下2つのポイントを抑えて慎重に選びましょう。

①日本貨幣商協同組合に加盟しているかどうか

金貨の買取を行なう際は、日本貨幣商協同組合に加盟している業者がおすすめです。

正しい鑑定を行ってくれますし、なにより信頼性が高いため、安心して任せることができます。

ただ、日本貨幣商協同組合に加盟している業者が近くになかった場合は、移動費も考えて他の買取業者を検討した方が賢明でしょう。

その際は、口コミや店舗のホームページをチェックして吟味してください。また、後ほどご紹介するおすすめ業者に頼むのもひとつの手です。

②複数の店舗で見積りを出してもらう

ひとつだけでなく、2~3店舗ほど回って見積りを出してもらいましょう。やはり店舗によって若干ではありますが、査定額に差が出てきます。

そのため、少しでも高く売るなら複数店舗で見積りを出して査定額を比較することが重要です。

ただ、そんなに店舗を回る時間がないという方もいるはず。その場合はインターネットで簡単に行える見積り「ウェブ見積り」を活用しましょう。

ウェブ見積りは実物を見て鑑定しているわけではないため、店舗で鑑定してもらった場合と若干査定額に差が出てきますが、それでも大体の買取価格は知ることができます。

ですので、2~3店舗ほどでウェブ見積りを行い、その中で最も高い査定額を出してくれた店舗に持って行きましょう。

おすすめの金貨買取業者はココだ!

手の画像

ここではおすすめの金貨買取業者をご紹介します。

どこにしようか迷ってしまった人は、以下の店舗で見積りを出してみてはいかがでしょうか。

買取エージェント

買取エージェントの画像

創業からわずか2年で業界トップの買取実績を叩き出した「買取エージェント」。

ここではブランドバッグや時計から、金、プラチナ、宝石など多種多様なアイテムの買取を行なっています。

また、平均業界年数9年以上の経験豊富な鑑定士が揃っているため、価値ある金貨も正しく鑑定してくれますよ!

店舗は東京・大阪に合計で9店舗あり、さらに出張買取にも対応可能!出張買取は鑑定士の交通費、振込手数料などが無料になっていますので、気軽に利用できます。

キズや汚れがついた訳アリ商品も買い取ってくれますので、ぜひ一度買取エージェントにて見積りしてみてはいかがでしょうか。

ゴールドプラザ

ゴールドプラザの画像

業界最高水準の買取額と経験豊富なスタッフが揃う「ゴールドプラザ」。

東京や大阪など全国に14店舗構えており、全店舗駅から徒歩3分以内というアクセス抜群の好立地にあります。

また、近くに店舗がなくても郵送買取で金貨を買い取ってもらうことが可能です!郵送買取では「送料」「査定料」「宅配キット」など、すべてが無料で利用できます。さらに、査定額の振込は連絡から24時間以内に行ってくれるため、急ぎの方にも嬉しい!

そんなゴールドプラザはNHKやZIPなど様々なメディアから取材を受けるほどの人気買取業者ですので、ぜひ一度利用してみてはいかがでしょうか。

大黒屋

大黒屋の画像

記念金貨や銀貨、外国金貨などを高価買取してくれると評判の「大黒屋」。

なんと全国に200店舗以上を展開しており、金貨だけでなくブランドバッグや時計、ジュエリーなど様々なアイテムを取り扱っています。

また、買取実績は業界トップクラスで、年間買取数は150万件以上。豊富な実績と蓄積されたノウハウを持つ鑑定士が高い相場基準で買取してくれます。

さらに、大黒屋は国内だけでなく海外にもネットワークを持っているため、他社よりも高い買取額を出すことができるのです。

どこの買取業者にしようか迷っている方は、信頼と実績の大黒屋を候補に入れてみてはいかがでしょうか。

まとめ

コイン画像

資産としても人気が高く、世界中で価値のある「金貨」を買取に出す際は、今回ご紹介した3つのポイントを抑えて高く売りましょう!

また、買取業者は慎重に選んでくださいね。

ここでは3つのおすすめ買取業者をご紹介しましたが、中でも買取エージェントはリピーターが多く、高い人気を誇ります。

金貨の買取を検討中の方は、ぜひ買取エージェントにて見積りしてみてはいかがでしょうか。

関連コラム