口コミランキングニスタ > コラム > ブランド > 買取に向いていないシルバーアクセサリー、その理由と解決策について

買取に向いていないシルバーアクセサリー、その理由と解決策について

銀製品は、金やプラチナと並ぶジュエリーに多く使われている金属です。
男女問わずに人気のある銀製のアクセサリーや、銀貨、食器など、何かと所持しているかと思います。

ですが、金やプラチナに比べて買取価格が低く、買取市場ではあまり人気がありません。
供給率の高さからどんな業者でも気軽に買い取ってはくれますが、買取価格が低いことが問題です。

銀製品の売却には準備が必要なのです。今回は、どうすれば家に眠っている銀製品を高く売れるかをご紹介します。銀製品の売却を考えてる方はこの記事を参考にしてみてください。

「銀」の基礎知識

銀製品の画像

「銀」は白色で光沢のある貴金属のことを指します。
アクセサリーに始まり、貨幣や電子部品、食器などにも使われています。

食器に銀製品が多いのは、銀の特性が関係していると言われています。
銀は貴金属の中では化学変化しやすく、黒ずんできてしまいます。
そのため食事に毒が混入された場合、変色によってすぐに異変がわかるため古くから食器に銀が採用されてきたという説があります。

また銀の熱線の反射率は98%とかなり高く、鉄製の鍋は高熱になりすぎず、焦げ付きを回避してくれます。
電子工業では、非常に小さい電子ボルトに銀の表面から放出される小さいエネルギーが活用されています。

主な銀の産出国はペルー、メキシコ、中国などがあります。
かつて日本も16世紀には、今や世界遺産となった石見銀山で世界の産出量30%以上を算出し、産出国1位だったこともあります。

種類

シルバーアクセサリーなどを購入すると、刻印が刻まれていることがあります。
この刻印は商品の材質と銀の含有率を示しています。

  • Silver1000
    銀の含有率が100%の純銀を指します。柔らかな光沢で、金属アレルギーが出づらい特性があります。
  • Silver 950
    銀の含有率は95.0%、残りの5%は亜鉛や銅などを混合して、強度を増しています。
    ブルタニアと呼ばれ、加工もしやすいためハンドメイドの素材として人気があります。
  • Silver 925
    銀の含有率が92.5%で、スターリングシルバーと呼ばれています。
    一般的にシルバーアクセサリーと販売されている商品に使われており、やや黒みを帯びています。強度があり、加工には技術を要します。
  • Silver
    含有率の数字が刻まれていない場合は、独自の割金で調整していたりするのでアレルギーや成分が気になる方は購入店にお問い合わせください。

刻印がない商品もありますが、一概に「刻印がない=偽物」というわけではありません。
商品の構造上、刻印がいれられなかったものには入っていません。
刻印は商品の材質などを確認するための情報で、本物か偽物かの判断はできません。

「銀」が買取に向いていない理由とは

本を読む画像

銀の相場は日々変動していきますが、金やプラチナの100分の1ほどの価値しかありません。
なぜなら”素材”としての価値がほとんどないからです。

・プラチナ(Pt900):3600円/g
・ゴールド(18K):3700円/g
・シルバー(925):45円/g

上記の相場はある日の相場ですが、同じグラムを売却しても銀は金やプラチナよりもかなり低くなってしまいます。
金やプラチナはノーブランドでもハイブランドでも素材の価値があるため高価買取が叶いますが、銀に関してはそうでもありません。素材が安く、複製や模造品の作成が簡単にできてしまうことが銀の特徴で、市場の供給率はかなり高いことから買取金額がどうしても安価になりがちです。

また、銀の価格は景気の状況やオリンピックなどの大きなイベント、為替の変動などによって大きく変動し、売り時を間違えれば高価なシルバーアクセサリーも数100円~数1000円程度の買取額になってしまうこともあります。ドル価格の変動を確認することが、一番わかりやすい売り時の見極め方です。

高価買取のコツ!

考える女性の画像

銀塊などの加工されていない資産価値がある銀なら高価な買取も期待できます。
ですがシルバーアクセサリーや銀食器などの売却の高価買取には事前準備が必要です。

①純金かどうか

銀の種類は紹介した通りですが、売却を考えている銀を確認してみて下さい。
品位表示が1000に近いほど純度が高いということになるため、買取額も上がります。

②ブランドのものか

アクセサリーならブランド自体に価値があったり、デザインに価値のあるものなら銀の含有量に関係なく、高値で買い取ってもらえる可能性があります。
美術品などの価値がある銀製品も高価買取の可能性があります。

シルバーアクセサリーの人気ブランド

  • Chrome Hearts(クロムハーツ)
  • Goro’s(ゴローズ)
  • Tiffany & CO. (ティファニー)
  • Artemis Classic(アルテミスクラシック)
  • LARRY SMITH(ラリースミス)
  • Justin Davis(ジャスティンデイビス)
  • LONE ONES(ロンワンズ)
  • JAM HOME MADE(ジャムホームメイド)
  • ALEX STREETER(アレックスストリーター)

上記のブランドの商品は買取後の需要も高く、デザイン価値もあるため高値の買取が期待できます。シルバーアクセサリーの売却にはブランドものを中心に取り扱っている買取業者を選ぶことがお勧めです。マルチ商品を取り扱う業者だと、素材のみの査定になってしまうためブランドの価値を見てもらえない可能性があります。

③本物と証明できるか

シルバーアクセサリーは全体的に人気がありますがChrome Hearts(クロムハーツ)やGoro’s(ゴローズ)などの人気ハイブランドは偽物も多く出回っています。
高く売るためには「保証書」が必要となってきますので、購入時に保管が必要です。

Chrome Hearts(クロムハーツ)は本物とそっくりなコピー商品が特に多く、判断が難しいことからChrome Hearts(クロムハーツ)の買取を断る業者まであります。偽物と本物の判断に一番有効なものが保証書です。

保証書、鑑定書などがあるだけで金額が大きく変わってくる可能性もあります。シルバーアクセサリーの売却には保証書を用意しておくことがお勧めです。

④掃除や手入れをする

銀製品は変色しやすいため、黒ずんでしまっている場合があります。
売却までに掃除や手入れが必要です。

柔らかい布で乾拭きし、変色が激しければ専用のシルバークリーナーや研磨入りクロスで磨くと輝きが戻ります。
代用品として眼鏡クロスなども有効で、乾拭きするだけでも輝きが違うので売却前には一度試してみてください。

⑤早めに売却をする

銀は空気中の硫化水素と反応して黒く変色していきます。
付着した汚れを放置しておくと、輝きを失ってくすんでいってしまいます。

さらに着用していなくても空気中に含んだ硫黄によって、置いておくだけで黒ずんでいくため、
着用の予定がないのであれば、早めに売却を決めてしまいしょう。
放置しておくと、いざ売却をするというタイミングで手入れにかなりの時間がかかってしまいます。

⑥複数店舗で見てもらう

銀だけに限らずどんな商品もですが、売却を考えたときには1店舗だけに任せていては高価買取に繋がりません。
店舗によって買取価格は違ってくるため、査定額の比較が必要です。。さらに保証書がついていなかったり、傷などがあると買い取ってくれない業者もあれば反対に買取価格に影響が出ない業者もあります。
その店舗ごとによって条件はさまざまなので、一番条件の良いお店に買取をお願いするようにしましょう。

買取におすすめな業者3選

なんぼや

なんぼやの画像

貴金属の買取を中心にしていて、ホームページでは銀の品位(純度)と重さを入力するだけで相場価格が表示されるフォームが備えられています。

10時~21時まで受け付けているカスタマーセンターでは「どんな商品を買い取ってくれるのか」、「相場はいくらか」など些細なことから専門知識まで幅広く答えてくれます。
実店舗も入りやすいように明るいデザインで整えられていて、製品としての価値を見てくれるので高値の買取にも期待ができます。

リアルクローズ

リアルクローズの画像

 

ブランド品の買取が中心で、Chrome Hearts(クロムハーツ)の買取もしっかり行っています。

保証書がなくても鑑定してくれて、買取実績も豊富にあります。
東京・名古屋・大阪に4店舗構えていて、予約を取らなくてもその場で査定を行ってくれます。
問い合わせサポートや査定方法もニーズに合わせて選べるようになっており、宅配買取の宅配キットは即日発送され、スピード査定も叶います。
もちろん送料などのかかる費用はすべて無料です。

買取エージェント

買取エージェント 画像

創業からまだ2年あまりですが、買取業績が業界の中でもトップクラス。
マルチな商品を取り扱っていますが貴金属の買取に強く、東京と大阪で9店舗を構えています。

査定方法には宅配、出張、店舗以外にもLINE査定なども取り入れ、どんな方でも手軽に査定をしてもらえることが特徴です。
所属している専門鑑定士は平均業界年数が9年と経験豊富なため、保証書や鑑定書がないシルバーアクセサリーもしっかり鑑定してくれます。

銀や金の当日相場もトップページに記載されているため、まずは相場だけでも確認してみるのもお勧めです。

まとめ

銀製品の売却で多い品物はシルバーアクセサリーです。偽物も多く出回っていますが、ハイブランドの商品なら高価買取も夢ではありません。
保証書や鑑定書など付属品をしっかり保管し、売却前のお手入れも忘れないようにしてください。

銀製品はどんな買取業者でも取り扱っていて、どこの業者を選べばいいかわからないかと思います。そんな方には「買取エージェント」をお勧めします。
実際に店舗まで足を運ばなくても、LINE査定や出張査定でしっかり鑑定してくれます。
まずは査定だけでも頼んでみてはいかがでしょう。

家の中に眠っていた銀製品が、思わぬ金額となって帰ってくるかもしれません。
銀の売却前には、この記事を参考に準備を進めてみて下さい。

関連コラム