口コミランキングニスタ > コラム > ブランド > ブライトリングのナビタイマーって買取価格はいくらになるのか調べてみた

ブライトリングのナビタイマーって買取価格はいくらになるのか調べてみた

コクピットウォッチとして正確さが信頼されている高級時計ブランド「BREITLING(ブライトリング)」の時計を高く買い取ってもらうためには買取店の選択方法を知っておくことが重要です。

お勧めの買取業者と併せて買取店の選び方、そして高価買取に繋がるコツもご紹介します。

BREITLING(ブライトリング)の買取に興味がある方は参考にしてみて下さい。

正確な情報を仕入れておこう!

買取時には自分で売りたい品物を紹介しなければいけません。

この商品はこういうところが素晴らしいんですと言えるだけの情報と、買取業者側から提示される条件が不当なものではないかを判断するためにもブランドの知識や商品の情報は調べておくべきです。

BREITLING(ブライトリング)について

製品すべてがクロノメーター検定に合格している航空用計器を販売するスイスの高級腕時計メーカーです。

創設者はレオン・ブライトリング氏です。

1884年に時計工房を開き、1914年にレオン氏が亡くなってからは息子のガストン氏、そして孫のウィリー氏と3代にわたって経営していきます。

洗練されたデザインに充実した機能性を持ち合わせ、メンテナンスや製作が容易い腕時計の開発に尽くしていきます。

クロノグラフとの関係

クロノグラフとはストップウォッチ機能を備えた腕時計または懐中時計のことを言います。

時計の機能と同じ動力でストップウォッチとしての役割を果たしてくれることから航空操縦士へ導入されていきます。

2/5単位を正確に測れるクロノグラフを開発したブライトリングは医療分野や航空業界と関わっていきます。

蛍光塗料を塗布したダイヤル、光を放つ回転ベゼルが搭載されたクロノグラフの開発により航空業界との関わりはかなり強いものになり、

1938年には航空機器に特化した製品開発を行う部門が設立されました。

革命的な逸品「ナビタイマー」

BREITLING(ブライトリング)と航空業界の関係を確固たるものにした名作ナビタイマー。
世界初の航空計算尺付きのクロノグラフとして1952年に誕生しました。

初代モデルは世界パイロット協会AOPAの公式時計に認定され、永遠の名作としてBREITLING(ブライトリング)の名を世界に広めていきました。

腕時計1つで様々な計算ができ、フライトコンピューターのような活躍を見せることで現代でもスタイルが継承された新作が発売されています。

査定時に見られているポイント

買取時に鑑定士たちがどういうところを見て金額を決めているのかわかりませんよね。

ハイブランドだから、状態が良いからという条件以外にどういうところを見ているのか買取業者によって多少の差はありますが一例をご紹介します。

正常な動作の可否

BREITLING(ブライトリング)のナビタイマーなどを買い取ってもらう際にはとにかく正常な動作が可能かどうかが重要です。

時計の役割をしっかり果たしてくれないものは減額対象と見なされてしまいます。

オーバーホールの有無

行ったからといって査定額があがるというわけではありませんが、大切に使用されていたかどうかの判断がなされます。

ちなみにオーバーホールは購入したブランドに任せることが大切です。

他社の部品を使用してしまうと純正ではなくなってしまい、買取価値がなくなってしまいます。

傷や汚れの有無

自宅でも歯ブラシや綿棒、専用のクロスや研磨剤を使用することで汚れは落とせます。

査定前にはなるべく綺麗な状態にして、時計本来の輝きがわかるようにして行きましょう。

付属品の有無

ギャランティカード、パッケージ、保証書など購入時に同封されていたアイテムはなるべく一緒に出品して下さい。

ブランドによっては偽物も多く出回っていたり、さらに保証期間の猶予があるものは買い手も付きやすいことから査定額アップに繋がるかもしれません。

時計の買取前に心配になるポイントまとめ

いざ買取に出そうと決まった時に初めて買取に出す方や時計の買取が初めての方はいろいろなことが心配ですよね。

そんな初めての方々から多く受ける質問をまとめてみましたので、少しでも安心で高価な買取に繋げられるように参考にしてみて下さい。

①汚れ、傷があるものは売れない?

多少の傷や汚れなら買い取ってくれます。ですが精密機械なので、文字盤などの大きな傷や汚れは減額対象になってしまいます。

気になる方はLINE査定やメール査定など手軽な見積もり方法を使用して問い合わせてみるといいかもしれません。

もしかしたら買取業者によっては買取を断られることもあるので、注意が必要です。

②動かないものは売れない?

もしメンテナンス次第で動くものだったり、ただの電池切れだったりするのであれば買い取ってくれる可能性が高いですが完全に故障してしまったものの買取は難しいかと思います。

③使用感があるものは売れない?

革のベルト部分の使用感があると売れにくく感じてしまいますが、ベルト部分は交換が効くために多少の使用感があっても問題はありません。
購入時に交換用のベルトが付属しているブランドもあるため、買取時には一緒に出すようにしましょう。

時計を大切に使用する方法

時計の画像

思い切って購入したハイブランドの腕時計、一生ものとしても使用できますが大切に使用するために気を付けてほしいことがあります。

腕時計は使用すればするほど馴染んでいくものです。

長期間使用しなければ中のオイルが固まってしまい、整備が必要になってしまいます。

放置しておくとどんどん劣化していくことになるため、大切にしたいからと閉まっておくのではなくちゃんと使用することが大切です。

そして定期的なオーバーホールを忘れないようにしましょう。

裏蓋は傷つきやすく、時計を外して置く時にベルトと接触して傷がついてしまうことが多いため要注意です。

精密機械なので大胆な衝撃を与えないように大切に使用してください。

丁寧に、大切に使用していれば激しく劣化しないことがハイブランドの腕時計の魅力でもあります。

BREITLING(ブライトリング)買取にお勧めな買取業者

BREITLING(ブライトリング)のナビタイマーや人気モデルのスーパーオーシャンの買取には買取エージェントがお勧めです。

使用用途が広いわけではないブライトリングは買取市場で人気があります。

需要に対して数が圧倒的に足りていないため、BREITLING(ブライトリング)の買取に力を入れている買取エージェントなら高価な買取が期待できます。

買取エージェント

買取エージェントの画像

東京と大阪にしか店舗はありませんが、創業から2年で年間実績100億円を達成させた今話題の買取業者です。

取引業者と販売店が国内と国外に豊富に抱えているため買い手が多く、自然と買取価格も高価になります。

年々買取価格の高騰が見られるため、他社の見積もりと比較してみてからでも遅くありません。

鑑定士は専属のスタッフさんたちで、知識も経験も豊富なところも安心して任せられるポイントです。

気になった方は便利なLINE査定やメール査定で見積もりだけでも出してもらうのもお勧めです。

買取エージェントのナビタイマー買取価格

  • ナビタイマーA35350:32万円
  • ナビタイマーコスモノート:40万円
  • オールドナビタイマースノーバーズ:31万円
  • ナビタイマーGMT:40万円
  • ナビタイマー125周年限定モデル:32万円
  • オールドナビタイマー:26万円
  • イエローゴールドケースK18:72万円

状態によって変動はありますが、買取実績はかなり豊富な上ナビタイマー以外のモデルの買取では100万円を超える実績もありました。

大黒屋

大黒屋の画像

買取エージェント以外にも、BREITLING(ブライトリング)の買取を強化している買取業者があります。

「大黒屋」は全国に200店舗以上を構える大手老舗買取業者です。

10時から18時まで受け付けている電話サービスでは売却方法や査定額や高価買取のコツまで案内してくれます。

ネットでの手続きが億劫に感じてしまう方は電話で買取を受け付けてくれるので、ぜひ利用してみて下さい。

残念ながらBREITLING(ブライトリング)の買取価格は公開されてませんでしたが、買取は行っているので一度問い合わせてみることがお勧めです。

Gold Plaza

ゴールドプラザの画像

メディアでも多く取り上げられている買取業者「Gold Plaza」の特徴はハイブランドじゃない時計も鑑定してくれることです。

買取をお願いするときには箪笥の肥やしになってしまっている品物をたくさん集めてくることが多いかと思います。

ハイブランドなら買取業者はたいてい買い取ってくれますが、安価格のものはなかなか鑑定対象にしてもらえません。

ですがGold Plazaは安価格の時計も鑑定対象として鑑定してくれます。まとめ売りをご検討中の方にはお勧めです。

Gold Plazaのナビタイマー買取価格

  • ナビタイマーモンブリランK18PG:45万円
  • ナビタイマーファイターズSS:20万円

BREITLING(ブライトリング)の買取はまだそんなに多くないようですが、スーパーオーシャンやクロノコルトの買取も行っていました。

まとめ!

時計の画像

ハイブランドの時計の買取には準備が必要だったことはお分かりいただけたでしょうか。

今回ご紹介したBREITLING(ブライトリング)は今や航空業界、スポーツ業界、医療業界から切っても切れない関係になっています。

時計として数秒の誤差も出さない高い機能性を持ちながらデザインもクオリティの高いものが多く、時計マニアたちからも長く愛され続けているブランドです。

BREITLING(ブライトリング)だけでなく大切に使用してきた時計の買取には、今回ご紹介した方法やポイントを確認しながら準備を進めてみてはいかがでしょう。

初めて買取に出すという方はとりあえず買取エージェントのLINE査定などで見積もりだけでも確認してみて下さい。

関連コラム