口コミランキングニスタ > コラム > ブランド > パネライは高く売れるのか?買取相場や人気モデルまとめ

パネライは高く売れるのか?買取相場や人気モデルまとめ

パネライ

大きく厚めのケースが特徴的なPANERAI(パネライ)。
イタリア・フィレンツェ発の高級時計ブランドとして誕生し、個性的な大型ケースで世界的に人気の高いブランドのひとつです。

なんと、時計の歴史で初めて軍事用のダイバーズウォッチを作ったブランドでもあり、堅牢なダイバーズウォッチとしてコアなファンから愛されています。

個性的なデザインですが、男性のみならず女性の愛用者が多いことでも有名です。

そんなPANERAI(パネライ)は、薄型ムーブメント搭載のモデルも発表するなど、今後の展開が楽しみなブランドでもあることから、中古市場でも注目が高まっています

そこで今回は、PANERAI(パネライ)の中古購入や売却をお考えの方に、買取市場や相場についてご紹介していきます。

PANERAI(パネライ)の人気

船

デカ厚なケースが魅力的なPANERAI(パネライ)。
ひと目で「PANERAI(パネライ)だ!」と分かるデザインで、他のブランドとは一線を画したアイデンティティを確立しています。

そのため、ロレックスやオメガなどの王道ブランドよりも、個性を重視したい大人に人気があるのが特徴。

では、なぜPANERAI(パネライ)が時計の大人に愛されるのでしょうか?

イタリア海軍との歴史

PANERAI(パネライ)がコアなファンを獲得している理由のひとつに、イタリア軍用の潜水時計として使用されていたことが挙げられます。

蛍光物質「ラジオミール」を使った精密機器を実際にイタリア海軍に納入しており、潜水特殊部隊のためのダイバーズウォッチの制作するなど、その高度な技術が高く評価され、歴史的な傑作として賞賛されることとなったのです。

歴史となった「ラジオミール」に続き、さらに安全性を高めた「ルミノール」という2大シリーズの礎を築いたことで、その後に発表された一般向けモデルでは、コレクターやマニアの注目の的となりました。

PANERAI(パネライ)が愛される理由には、こういったロマン溢れる歴史的背景があるからと言えます。

イタリアらしい洗練されたデザイン

PANERAI(パネライ)の魅力といえば、やはりイタリアらしい個性溢れるデザインではないでしょうか?

大きくて厚いケース、存在感のあるリューズ、視認性の良いシンプルな文字盤は、ダイバーズウォッチとしてのみならず、日常使いにおいても圧倒的な存在感を放ちます。

大きな腕時計が好まれた「デカ厚」時計ブームの火付け役にもなり、現在も多くのセレブやスポーツ選手などから愛用されています。

マニュファクチュールとして高い製造技術を持つ

PANERAI(パネライ)が評価される理由は、もちろんデザインだけではありません。
軍事用時計などの精密機器を手がけ、多くの特許技術を取得しています。

「ラジオミール」という発光塗料をはじめとして、高い視認性と水中での高い装着性は、多くの時計メーカーからも高く評価されています。

現在ではスイスのヌーシャテルに自社工房オフィチーネ パネライ マニュファクチュールを完成するなど、スイスの高い技術とイタリアらしいデザインを融合させた、唯一無二の時計として地位を確立しています。

映画にも多数使用されている

PANERAI(パネライ)は、もともと特殊潜水部隊用として軍事ダイバーズウォッチを手掛けていましたが、1993年より一般向けの時計を販売しています。

その際、映画「デイライト」でシルベスター・スタローンが着用し、「トランスポーター」などの洋画でも使用されたことで、そのデカ厚な腕時計が一気に注目されることになりました。

PANERAI(パネライ)は、十分な機能性を誇りつつも、ワイルドで男らしい時計としてたちまち流行することとなりました。

PANERAI(パネライ)の中古市場について

ショッピング

PANERAI(パネライ)は、年間生産量を限定していることから、希少価値が非常に高いと言えます。そのため、代表モデルであっても在庫不足になったり、入手に時間がかかることもあり、中古市場においてとても重宝されています。

また、デカ厚時計がブームだった30代~40代の方に非常に人気が高いことから、中古市場でも安定的な人気があるのが特徴。

ロレックスやオメガなどに比べて中古での流通量も少ないため、入荷してもすぐ売り切れてしまうほど人気があります。

現在はスタイリッシュな時計に注目が集まってきていますが、「ラジオミール」「ルミノール」などの定番モデルは未だに人気があります。

そのため、中古で購入する方にとっては入手しづらく、買取に出す方にとっては高価買取が期待できるブランドと言えるでしょう。

買うよりも「売り」時

男性

PANERAI(パネライ)は、独特のデカ厚ケースが話題となり一躍ブームとなりました。
現在はその熱は落ち着いてきていますが、一流のブランドと並んで人気は健在です。

特に代表モデル「ラジオミール」「ルミノール」においては、数年前よりも買取額が格段に上昇している傾向にあり、買取市場においても重宝されています。

そのため、購入するよりも売り時のタイミングと言えるでしょう。

現在は買取相場が落ち着いてきているので、急な値下がりはなさそうですが、高く売るためには売りたいと思ったときに売るのが賢明と言えます。

人気シリーズの買取相場

それではここで、PANERAI(パネライ)の人気シリーズと、その買取相場について見ていきましょう。

PANERAI(パネライ)と言えば、「ラジオミール」「ルミノール」という2つのシリーズの2種類のみとなりますが、その中で幅広いコレクションも展開しています。

年代や時期によって豊富なデザインが展開されているので、ベルトの素材や文字盤の色や針のデザイン、ケースの形などがモデルによって若干異なるのが特徴です。

クラシックさを求める方にはラジオミール、定番モデルならルミノールというよう位置づけされています。

ここでは、買取において特に人気の高いシリーズと、買取相場をまとめています。

1、ラジオミール

ラジオミール

PANERAI(パネライ)最初の歴史的な腕時計。
独自開発の夜光塗料「ラジオミール」を使用したことが名前の由来となっています。

1938年には、イタリア海軍特殊潜水部隊に制式採用されたこともあり、「PANERAI(パネライ)といえばラジオミール」というイメージがあります。

ねじ込み式の裏蓋によって高い防水性を誇り、過酷な水中の状況でも視認性が良く、圧力にも強いモデルです。

PANERAI(パネライ)ならではのデカ厚な四角ケースでありながらも、流麗なラインでシェイプされているから、クラシカルで品のあるデザインを実現しています。

存在感がありながらもスタイリッシュな時計を好む方に人気の高いモデルと言えるでしょう。

ほどよいサイズ感なのでスーツにも合わせやすいことから、ビジネスマンにも選ばれることが多いのが特徴です。

ラジオミール ブラックシール PAM00183の買取相場

ラジオミールは、PANERAI(パネライ)の中でも買取相場が非常に高い傾向があります。
買取額は状態のランクによっても異なりますが、おおよその相場は以下の通りです。

新品:45万円前後
中古品:~40万円程

2、ルミノール

ルミノール

ラジオミールと同様に代表モデルとされている「ルミノール」。
PANERAI(パネライ)では、特殊モデルを除けばこの2種類のシリーズのみとなっています。

ルミノールでは、PANERAI(パネライ)が一般市場に参戦したときの象徴的なモデルとして位置づけられており、ラジオミールにはない「リューズプロテクター」が装備されていることが最大の特徴です。

一般的な防水時計は、ロレックスが開発した「ねじ込み式ロックリューズ機構」が世界基準として採用されていますが、PANERAI(パネライ)では、イタリア海軍が第二次世界大戦時に採用していた「ロックレバー式リューズプロテクター」にこだわっています。

ラジオミールよりも堅牢な見た目で、クッション型と呼ばれるケースフォルムが魅力です。

リューズプロテクターが装備されていることから、ラジオミールよりも重厚感があり、男性からの人気が高いモデルと言えるでしょう。

豊富なバリエーションを展開している

PANERAI(パネライ)の主力商品であるルミノールはでは、リューズプロテクターという独自のデカ厚フォルムを保ちつつも、様々な機能がプラスされた幅広いコレクションが展開されています。

その種類はなんと数百以上にも及び、コレクターからも注目され続けています。

主なルミノールコレクションと特徴をまとめてみました。

■ルミノール マリーナ:9時位置にスモールセコンドが配置
■ルミノール クロノ:クロノグラフ搭載
■ルミノールパワーリザーブ:パワーリザーブ機能搭載
■ルミノールGMT:2か所の時刻を同時表示できるGMT機能を搭載
■ルミノール1950:パネライのハイエンドモデル
■ルミノールサブマーシブル:エジプト海軍ダイバーズウォッチが元となったモデル

ルミノールの買取相場

豊富なバリエーションを展開しているルミノールの買取相場は、モデルによって多少異なります。

その中でも特に買取相場が高いモデルは以下となります。

■ルミノールサブマーシブル

新品:47万円前後
中古:~39万円程

■ルミノールマリーナ

新品:40万円前後
中古:~32万円程

パネライを高く売るためには?

男性

PANERAI(パネライ)は、ロレックスやオメガなどの誰もが知る高級時計に比べて、ネームバリューは低めです。そのため、少しでも高く売るためには「PANERAI(パネライ)の時計買取を強みとする買取店を選ぶ」ことが重要です。

また、買取店によって査定額が開きやすいため、複数の買取店で査定額を比較するというのも欠かせません。

PANERAI(パネライ)を高く売るためのポイントは、以下となります。

・パネライ買取実績の多いショップを選ぶ
・保証書や付属品は揃える
・革ベルトや金属部分の汚れを取っておく
・オーバーホールの証明書があれば提出する
・買取相場をあらかじめリサーチしておく

PANERAI(パネライ)を売却する際は、売るときのお店・時計の状況・タイミングがとても重要です。

査定をする際には、買取店のホームページなどで、PANERAI(パネライ)の買取実績や買取相場を調べておくようにしましょう。

おすすめの買取店「買取エージェント」

買取エージェント 画像

PANERAI(パネライ)買取を検討している方は、一度買取エージェントに査定を依頼してみてはいかがでしょうか?

買取エージェントでは、高級ブランド時計の買取に力を入れており、独自の流通ルートを確立していることから、市場を理解したうえで適正価格を提示しています。

ホームページ上ではPANERAI(パネライ)の買取実績も確認できるので、初めて利用する方にも安心です。

「他店での査定額と比較したい」
「ひとまず査定額がどれくらいか知りたい」

という方は、ぜひ買取エージェントを利用してみてください!

関連コラム