口コミランキングニスタ > コラム > ブランド > パネライの買取相場は?限定モデルは上昇相場で狙い目間違いなし!

パネライの買取相場は?限定モデルは上昇相場で狙い目間違いなし!

イタリア発の高級時計ブランド「OFFICINE PANERAI(オフィチーネ・パネライ)。

PANERAI(パネライ)の愛称で親しまれており、仕事のできるビジネスマンに支持されています。

一目で分かる独自性のデザインは高級感があり、スーツとの相性も抜群。

本記事では、魅力の詰まったPANERAI(パネライ)の時計を深掘りしていきます。

さらに、中古市場でも高い人気を誇る腕時計なため、買取市場でも注目されています。

お家に使っていない腕時計がある方、もう使わないと思ったら、すぐに売るべき!

そこで、PANERAI(パネライ)の買取事情もお伝えするので、ぜひ売却前にご参考ください。

PANERAI(パネライ)の歴史

パネライ 画像

ジョバンニ・パネライ氏がイタリアのフィレンツェで時計工房を構えたことが、ブランドの始まり。

初めはイタリアの海軍からオーダーを受けたことで、潜水部隊用の時計を製作します。

高度な精密機器を納入していたPANERAI(パネライ)ですが、さらなる要望に応えるために「ラジオミール」を開発。

計器や装置の文字盤を発光させるために、ラジウムベースの粉末の塗料を塗ることで視認性を向上させました。

また、水中でも優れた接着性を発揮するなど、現在のPANERAI(パネライ)製品の基盤となる要素です。

現行モデルでも大人気シリーズのラジオミールは、1936年に製作されました。

大型のケース・夜光数字とマーカー・機械式手巻きムーブメント・防水ストラップなど、初代モデルから受け継がれた技術が組み込まれています。

魅力ポイント

海軍の強い要求に応えるために進化し続け、過酷な水中でも長時間使用できるように開発。

視認性防水性耐久性など実用性が高い腕時計へと進化していきます。

機能性を重視していることや独自の歴史的背景から、無駄な装飾がないシンプルな文字盤が特徴。

全体のデザインも武骨でスタイリッシュな印象が強いため、ビジネスマンに人気を集めています。

さらに、直径が大きく、厚みのある「デカ厚時計」を生み出したとされるPANERAI(パネライ)。

見る人にインパクトを残し、逞しさや色気など男らしい腕元を演出することができます。

ラジオミールとルミノールの違い

パネライ 画像

PANERAI(パネライ)の人気2大モデルは「ラジオミール」と「ルミノール」。

一見、似たように見える2つのモデルですが、実は何百種ともいえるラインナップの豊富さ!

デザインや素材、機能、ムーブメントなどの組み合わせによって、様々なバリエーションが存在しています。

そこで、PANERAI(パネライ)の腕時計について、徹底解析していきます。

ラジオミール

ルミノールと区別できる大きな特徴は、ブレス部分を固定するラグや円錐型のリューズ。

歴史を感じる古典的な作りに仕上がっています。

また、ブレスレットは革素材のみ使用。上品でクラシカルな雰囲気を醸し出します。

ルミノール

ルミノールの最大の特徴はリューズプロテクター

リューズを囲ったインパクトのあるデザインで、ラジオミールにはない魅力をアピールできます。

ブレスレットは革ベルト、ラバー、メタルの3種類を展開しているので、自分好みで選べます。

PANERAI(パネライ)の基盤となるラジオミールに比べ、ルミノールは1950年頃に登場。

そのため、ルミノールはモダンな印象を持ちます。

特徴的なケース

PANERAI(パネライ)といえば、クッション型のケースがユニークで大人気。

さらに、ケース径の大きさやデザインが特徴的ですが、実は少しずつ進化しています。

1940年に誕生した「ラジオミール1940」は、水中でも優れた耐久性を誇ります。

2010年に新型ケースとして投入された際には、従来からインスピレーションを受けながらも、円錐形リューズではなく王道的なデザインに変えられています。

1950年に登場した「ラジオミール1950」は、ブリッジ型のリューズプロテクターが特徴的でした。

2005年に新型ケースとして投入された際には、より立体的に作られています。

旧型も新型もどちらも魅力的ですが、レトロな雰囲気を味わえる旧型はコレクターから大人気

新型は現在に合わせて使いやすさを重視しているので、日常使いする方におすすめです。

特別モデルは高価買取!

豚 画像

PANERAI(パネライ)の限定モデルは高価買取が期待できます。

生産数が限られているため、新品での入手が困難。そのため、中古市場に求めに来られます。

そこで、高額が狙える、限定モデルやレアモデルを何点かご紹介します。

グリーンダイヤル

モノトーン色の文字盤が多いなか、珍しいグリーンダイヤル

クラシカルな印象で、地味になりすぎない渋めの大人感を演出できます。

針には金メッキを採用することで、絶妙なアクセントになっています。

3種類展開されており、「ラジオミール」「ラジオミール1940」「ルミノール1950」と3つのケースを採用。

Ref.PAM00735【チタンケース&レザーストラップ、45径mm、パワーリザーブ8日間】 128万円(税抜)

Ref.PAM00736【SSケース&レザーストラップ、47径mm、パワーリザーブ3日間】95万円(税抜)

Ref.PAM00737【チタンケース&レザーストラップ、44径mm、パワーリザーブ8日間、2タイムゾーンGMT】190万円(税抜)

数少ない限定モデルで、レアなデザインのため、現在でも求める方が多いです。

コンディションが高いほど、販売額に近い高額の買取が期待できます

マリーナミリターレ アメリゴヴェスプッチ

2000年に世界限定で300本のみ販売。ダークブルーの文字盤と高級感あるアリゲーターのレザーストラップが特徴です。

裏蓋には、イタリア海軍の帆船アメリゴ・ヴェスプッチ号が刻印された、レア感満載なモデルです。

PANERAI(パネライ)愛好家なら絶対欲しい1本ですが、販売数が非常に少ないため、買取市場でもなかなか見かけない逸品

そのため、価格が上昇しており、100万円を超える買取が実現できそうです

現在のPANERAI(パネライ)買取相場は?

買取店も力を入れている時計ブランドのため、高価買取率は高め。

ただし、定番モデルや限定モデルなど、需要が見込めるものに限ります。

また、コンディションによっては、実際の買取相場より10万円ほど差が出ることも多々あります。

未使用品や数回使用した程度であれば、定価の6~7割の価格も付きやすいですが、

使用感が強ければ価値は下がります。買取では、購入した価格の3割~4割であれば理想的。

高額買取に繋がるポイント

メモ帳 画像

売る時期

PANERAI(パネライ)の通常モデルは、過去の相場より少し上がっています。

そのため、手放すなら今がおすすめ。特に、需要が見込まれる限定モデルの相場は上がり続けています。

しかし、いつ相場が変化するか分からない通常モデルは、売るタイミングを間違えてしまうと、損をしてしまうことがあります。

まずは、定価の価格を調べて下さい。購入時より価格が下がっていませんか?

定価が高くなれば、買取額も上がります

例えば、芸能人が身に着けて人気が再発した場合、需要が高くなり、価格が上がるので狙い目。

次に、発売年からどれだけ経っているかもチェックしてください。

発売年から遠ざかるほど、人気が廃れてしまい、需要が下がります。

生産終了の場合、買取額が高騰することもありますが、現行モデルの場合は低い価格が付けられる可能性も。

使わないと思ったら、すぐに売ることをおすすめします

状態の良し悪し

コレクションとして全く使っていないという場合でも、保管状態によっては状態が悪くなっていることがあります。

また、長く愛用したお品物は汚れや傷が目立ってしまいやすいです。

そのため、お手入れや保管方法には配慮してください

査定時は、様々な条件のもと鑑定されますが、やはり状態の良さが高額買取に大きく繋がります

精密機械なため、時計のお手入れに気遣っている方は多いと思いますが、細かな部分までお手入れを忘れないようにしてください。

例えば、使い終わるたびに柔らかい布で拭きとる。さらに、汚れが見えにくいブレス部分やケース周りなども、綿棒や爪楊枝などを使って落とすようにしましょう。

修理に出してから売却に出してしまうと、金額によっては損してしまうことがあります。

もし、動かない、欠けているなど状態が悪い場合は、訳あり商品でも買い取ってくれる所を探すことがおすすめ。

納得のいく買取にしよう

親指 画像

今までの買取で、納得のできる査定額を提示してもらえていますか?

少しでも満足のできる買取になるように、買取店の選び方をお伝えします。

どこで売却すればいい?

使わない物があった場合、捨てるか、売るか、放置しているかのどれかだと思います。

放置は家に物が増え、捨てることはお金になりません。

売却をすれば、家の中がスッキリするだけでなく、お金として返ってくるのでお得!

では、どこで売ればいいのか。売る方法は様々にあり、最近ではフリマやオークションなどの個人売買も目立っています。

自分で価格を付けることができるので、上手くいけば高額買取も期待できますが、トラブルが多いことがデメリット。

また、高い価格を付けると、売れ行きが悪い傾向があります。

そのため、確かな知識を持つ時計専門店や、PANERAI(パネライ)に詳しいスタッフが駐在する買取店がおすすめ

1店舗で終わらせない

買取までの作業が面倒に思う方もいるかもしれませんが、1店舗だけの買取はおすすめしません。

複数の買取店で査定しておけば、本当にそのお店が正しい価格を付けているか判断できます

また、多く査定することで、より高額の価格に出会える確率が高まります

最近は、査定料やキャンセル料がかからないところが多いです。

また、宅配買取も一般的になっているので、足を運ぶ必要もありません。

ぜひ、納得のいく買取に出会うまで、査定を続けてください

大体の相場を知る

それぞれの買取店には、過去の買取実績が掲載されています。

そのお店が、どのくらいの価格で買い取ってくれるかの指標になり、他店と比較する資料にもなります。

過去の実績がない場合、買い取ってもらえないケースや、安い価格が付けられることがあるので、

簡単な事前査定や問い合わせをして確認しておきましょう。

おすすめの買取店はココ!

買取エージェント

買取エージェント 画像

PANERAI(パネライ)の買取実績が豊富な買取エージェント。

業界トップクラスを誇る、高額買取を実現しているので、リピーター続出とお客様満足度も高め。

さらに、丁寧な対応や充実したサービスにも定評があります。

特に、買取方法(店舗・宅配・出張)の豊富さ、お客様負担ゼロの諸費用無料など、初めての方でも安心して利用できます。

また、訳あり商品の買取実績も豊富なので、売却にお悩みの方は相談してみる価値あり!

数百万円超える買取実績も多数あるので、ぜひ買取店の候補に入れてみてはいかがでしょうか。

まとめ

パネライ 画像

PANERAI(パネライ)は中古市場でも人気モデルなため、高額買取が見込めます

ただし、相場の移り変わりが激しいため、人気のある今の内に売却しておきましょう

限定モデルに関しては年々相場が上がっているので、プレミア価格が付くことも多くなっています

お持ちの方は、今回ご紹介した買取のポイントをご参考に、高額買取を狙いましょう。

買取エージェントは他社と比較しても、高額買取が目立つためおすすめです。ぜひ候補の1つに!

 

関連コラム