口コミランキングニスタ > コラム > ブランド > バーキンは定価と同じくらいの買取価格が付くこともある!?高く売れる理由を解説!

バーキンは定価と同じくらいの買取価格が付くこともある!?高く売れる理由を解説!

ブランド物のバッグは資産価値が高く、いつの時代になっても憧れられる存在です。

ブランドバッグと言えば、世界中で有名なブランドエルメスのバーキンが有名です。
バーキンはとても人気があることから買取価格も高く、なんとモデルや状態によっては定価と同じくらいの買取価格が付くこともあるほどです。

バーキンはなぜ高く売れるのか、より高く売るためにはどうしたらよいのか、バーキンの買取を検討している方には必見な情報ををご紹介します!

エルメスってどんなブランド?

バーキンは女の子が誰でも憧れる「エルメス(HERMES)」のバックです。

エルメスは、創業者のティエリ・エルメスが1837年にパリで創業した馬具工房から始まりました。当時は馬の鞍などを製造する小さな町の工房であったため、革製品のイメージが強く根付いています。当時の顧客は「ナポレオン三世」や「ロシア皇帝」といった有名な名前が並び、貴族たちが愛用するようなとても質の良い製品を当時から作っていたということが分かります。

エルメスはパリで有名なブランド、シャネルやルイ・ヴィトンなどと比べてみても格段に高価なブランドです。その理由は、革製品の中でも最高級な素材をエルメスは使用しているからです。革製品というのは、素材によって大きく値段が左右されます。また、革という素材はその日の気温や湿度によって状態が変わってしまうほどデリケートな素材です。そのため、エルメスの革製品は専門の職人が工房でひと針ずつ手作業で縫って作られており上質な製品へと仕上げられています。

また、ひとつを複数人で手掛けるのではなく、「一人の職人がバッグひとつを最後まで手掛ける」といったこだわりもあります。ひとつひとつの商品に手間や時間がかけられていることが高価なブランドとなっている大きな理由です。

バーキンが人気な理由は?

エルメスはバッグが有名なブランドであり、エルメスの数あるバッグの中でも人気の製品がバーキンです。

バーキンはエルメスの5代目の社長ジャン・ルイ・エルメスが飛行機でイギリスの女性歌手ジェーン・バーキンが隣り合わせとなり、ケリーバッグに無理にものを詰め込む彼女を見て、ジャンは何度でも詰め込めるバッグをプレゼントしました。この出来事がきっかけでバーキンは誕生します。

ではなぜバーキンが人気があるのでしょうか。その理由を紹介します!

デザイン性

バーキンはシンプルなデザインでどんな服装にでも似合い、シーンを選ばず使うことができます。例えばカジュアルな服装でもワンランクアップしてくれる上品さをを持っています。バーキンのデザイン性が大きな理由であると言えます。

バーキンは誰でも買えるわけではない

実はバーキンはお店に行ったら誰でも買えるというわけではなく、エルメスから案内された限られた顧客のみにしか購入することができません。

また、色の指定や皮の素材、金具の色なども基本的には選ぶことができないほど手に入れることが難しいです。このように、他のブランドと違ったプレミアムな演出で差をつけることで「なかなか手に入れることのできないバッグ」という位置づけがされました。よって「セレブたちのステータス」として人気が高くなり、他のブランドよりも高く格付けされました。

技術力が高い

先程もご説明した通り、バーキンは全て技術力が高い職人の手作りであるため他には真似できないような高品質のバッグであるというところが人気とされています。

高く売れるバーキンの種類は?

バーキンには様々な素材やサイズがあります。種類によって値段にも大きな差があり、中にはVIP仕様の数千万円もするバーキンも存在します。
ではどのようなバーキンが人気で買取価格が高いものなのでしょうか。

サイズは5種類

バーキンのサイズは5種類あります。

こちらが買取価格が高い順です。

1位 30㎝
2位 35㎝
3位 25㎝
4位 45㎝
5位 40㎝

日本では30cmのバーキンが人気です。30cmはちょうどいい重さと大きさが日本人に一番合っているという理由からです。買取価格が高く、モデルによっては新品と変わらない値段で買取されるケースもあります。

人気の素材

素材によっても買取価格は左右します。中でも「トゴ」と呼ばれる素材が一番人気で一番高値で取引されています。トゴは雄の子牛にに限定した牛革素材ですが、バーキンの中でも柔らかさは中間くらいで、押されている形もほど良い目の大きさが特徴です。エルメスではバーキンだけでなく、財布や小物まで幅広いアイテムでトゴが愛用されています。

また、バーキンは主力が牛革で、クロコなどは定価が数百万~数千万円にもなることがあるためあまり見かけることはありません。

カラー

素材と同じくらいカラーは人気を左右します。最も人気のカラーは黒色です。黒は傷が目立ちにくく、フォーマルやカジュアルなシーンを選ばずに使うことができることが人気の理由です。また流行に左右されることがなく長く使い続けられるという点も魅力の一つです。

偽物との見分け方!

エルメスのバーキンは高価で有名だということもあり偽物も多く出回っています。最近ではプロも見分けが難しいほど巧妙に作られているものもあります。では偽物と本物の見分け方はあるのでしょうか?

バッグの鋲が本物より脆い

バッグの下にある鋲を見てみましょう。鋲はバッグを下に置いた時に革が床に直接触れないように守ってくれる役割をしています。この鋲が偽物を見極めるポイントの一つとなります。偽物の場合は、鋲がいびつな形をしていたり、取り付けがねじ込み式で簡単に取れてしまうなど本物より脆い作りになっていることがあります。

エルメスの刻印

エルメスのバッグを開けると「HERMES PARIS MADE IN FRANCE(エルメス・パリ・メイドイン・フランス)」という刻印があります。これは文字をプレスしてその上から金色の塗料が付けられています。この刻印の仕上がりは偽物を見分けやすいポイントとなります。偽物の場合は、刻印がしっかりプレスされておらず、周りの革とのメリハリがあまりなく、塗料がやや文字からはみ出していたり、ぼやけていたりするケースがあります。

ポケットのファスナー

ファスナーを引くファスナーケーブルにも注目してみて下さい。偽物はファスナープルがだらんと下に垂れ下がっているケースがあります。

バッグの中心とクロア部分のアラ

バッグのクロア部分を見てみましょう。クロアとはバッグの裏側から側面の穴を通しているフラップ(蓋)の留め具のことを言います。偽物はここにアラが出ることが多いです。また、クロア金具に「HERMES-PARIS(エルメス・パリ)」という彫刻があります。こちらの彫刻も偽物は「E」の上に点がなかったり、文字が歪んでいるケースががあります。

またクロアにの四隅に4カ所の鋲があります。本物の鋲は少し黒ずみがあり、偽物は本物のような黒ずみはなく、鋲が出っ張ています。実は偽物は鋲を打ち込んでおらず、金具と一体になって作られているためこちらは大きな偽物との判断材料となります。

バッグの縫い目

バッグの縫い目にも偽物との違いは出やすいです。縫い目をよく見てみましょう。縫い目は手縫いだと右下がりになり、ミシンだと右上がりになります。エルメスは全て手縫いで作られていると思われがちですが、いくらエルメスでも手縫いだと時間がかかりすぎるので手縫いされてる部分は必要最低限の部分のみです。もし縫い目が本物と逆になっているのならばそれは確実に偽物だということができます。

しかし、偽物も縫い目の方向は本物と一致しているものもあります。この場合はよく見てみると本物の縫い目は糸と糸の間が詰まっており革に食い気味で縫われています。一方偽物は、糸同士の間隔が開いていて革の表面に糸が浮いているような印象があります。また、偽物はミシンで縫われていることが多いので縫い目が綺麗に整いすぎているのでとても手縫いには見えないことが多いです。

金属の重み

バッグ上面に取り付けられているクロアベルトを引っ掛けるドーナツ状の金具があります。見た目は偽物も本物とそっくりなのですが、金具を回した時の感触に大きな違いがあります。本物は簡単にクロアが開かないように配慮されているため回すと重みを感じるようにできているのですが、偽物はスムーズにくるくると回すことができます。

合成ゴムの匂いがする

原始的な方法になりますが、革の匂いをかぎ分けることが昔からある偽物の見分け方の方法の一つです。上質な革を使用するとコストが高くなるので、偽物は合皮を使用していることが多いです。ある程度この匂いを消すことは可能なのですが、敏感な人ならすぐ気づくかと思います。この合皮の匂いをしっかりと嗅ぎ分けることができるのなら偽物を見分けることもそこまで難しくないのかもしれません。しかし、偽物も日々進化しできるだけ本物のに近づけるように改良がされているのでもしかしたら上質な革に似せた新たな素材を使用した可能性があります。

バーキンの査定ポイント

バーキンはエルメスの中でも高額で買取をしてもらえる製品です。では、そのバーキンをより高く売るにはどのようなポイントを押さえると良いのでしょうか。

バーキンを売る際には状態が金額を大きく左右します。判断されるポイントは下記です。

  • 付属品の有無
  • 革の色やけ
  • 型崩れ(元の形がキープできているか)
  • 金属の傷
  • 金属の保護シートははがれていないか
  • 角擦れ(バッグの四隅は折れていないか)
  • 雨シミ
  • 表面の光沢
  • 糸のほつれ
  • 革の破れ
  • カビ
  • べたつき
  • 匂い(タバコや香水の匂いが染みついていないか)

こちらの点をチェックし、全ての状態が良いと定価より高くで買い取ってもらえることもあります。高く売るためには日頃のお手入れや、保存の仕方、などに気を配ることが大切です。

バーキンを売るなら買取エージェントがおすすめ!

買取エージェントの画像

いざバーキンを売るとなるとどこの買取業者を選べば良いのか迷いますよね。

数ある買取業者の中からおすすめするのは買取エージェントです。買取エージェントは東京と大阪に9店舗構えており、全店駅から5分以内と好立地にあります。また、出張買取と店舗買取にも対応しているのでお近くに店舗がない方でも安心して買取に出すことができます。

ブランドバッグの買取実績があるので、他店より高く買い取ってもらえると口コミで評判です。

また、他社でNGになりがちなバッグの形崩れ、傷や汚れなどがある訳ありのバッグも買取エージェントでは買取可能です。無理だと思っても一度査定にお出しください!

手数料や送料なども完全無料なので気軽に査定に出すことができます。

まとめ

バーキンの買取価格は主に「サイズ」「素材」「カラー」の3つのポイントで大きく決まります。バーキンは種類の多いバッグだからこそ、人気が偏り買取価格も差があります。

長く使える黒革の30㎝モデルは中古の販売価格と新品が変わらないこともあり、逆にサイズやカラーが定番から離れていると買取価格も低くなってしまいます。

また種類だけではなくバーキンの状態や、買取業者によっても買取価格は変わってきます。バーキンの買取なら、ブランド品の買取に力を入れている買取エージェントがおすすめです。

関連コラム